PRAS 久留米産のスニーカーが入荷です。

 

明日、8月5日より、「PRAS」プラス というスニーカーが販売スタートします。

 

「PRAS」は、国産帆布の70%を占める岡山で生産された小島帆布を使い、

 

日本の老舗メーカーである「MOON STAR」がある久留米で生産された新しい日本製シューズブランドです。

 

久留米は、国内で少数のヴァルカナイズ製法を維持し、高いスニーカー製造技術があります。

 

ヴァルカナイズ製法でつくられたスニーカーは、底が剥がれにくく型くずれがしにくいのが特徴てきです。

 

 

 

機械ではできない、手作業ならではの工程も多いそうです。

 

アッパーを足型に沿わせて底をつけ、ゴムテープを巻く。

 

粘土のような柔軟な「生ゴム」は、足の形に沿って無理なく馴染みしなやかなソールをうみだすそうです。

 

 

加硫缶と呼ばれる窯に入れて、熱と圧力を加える工程を、「ヴァルカナイズ」と言い、

 

生ゴムの中に配合した硫黄が化学反応を起こし、粘土のような生ゴムの状態から、”力を加えても、元のカタチに戻る”という

 

ゴム固有の性質がつくりだされます。(スマホの方は、続きを読むをクリック、お願いします↓)

 

 

FRECKLEのスタイルにはレザーシューズはもちろん、スニーカーもあいます。

 

こういった昔ながらのローテクスニーカー、とっても相性がいいと思います。

 

PRASさんはずっと気になっていたブランドで、なんと1年越しでお取扱いする事が出来ました。

 

PRAS”、是非実物を見て履いてみてくださいね。(←PRASさんクリックすると、HPにとびます)

 

今回の入荷は、ローカットのオール生成りと、生成り×ブラックが入荷します。

 

レディースサイズのみですが、来月メンズサイズも入荷予定です。

 

スニーカーはすぐ購入していただけますが、数に限りがあります。

 

お取り置きなど状況によっては出来ない場合もございますのでスタッフにお尋ねください。